南和宏デザイン事務所

南和宏デザイン事務所は、滋賀県に拠点を置くデザイン事務所です。ブランディングデザイン、企画、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ウェブデザイン、UI/UXデザイン、ブランドを運用していく仕組みづくりなど、ブランドづくりを総合的にサポートいたします。

代表・デザイナー

南 和宏

大阪府出身。高校時代に一年間カナダに留学。大学在学中、ドイツのダイムラー株式会社で3ヶ月間のインターンシップを経験し、自動車のエクステリアデザインに携わる。その後、サムスン電子ジャパン株式会社およびセイコーエプソン株式会社にてプロダクトデザイナーとして勤務。2018年、滋賀県で南和宏デザイン事務所を設立し、活動を開始。

考え

デザインで共感を生む

当事務所では、消費者にとってのメリットを追求し、商品をより多く利用してもらうことで、企業様の成長を支援することを目指しています。

デザインとは、人が抱える潜在的な問題を解決するための手段です。「どう見えるか」をコントロールするだけの表現や差別化の手法にとどまりません。

その問題に「本当に」人々は共感し、解決することで生活が豊かになるのか。

この「本当に」を繰り返し問い続けながら、共感を呼ぶ問題定義と解決策を模索することで、社会を豊かにするデザインを目指します。

トライ& エラーを積み重ねる

時代の変化が激しく、答えがますます不明瞭になっている今だからこそ、トライ&エラーが非常に重要です。「とにかくやる」「やれることを全てやる」という姿勢を重視しています。

リソースが少なく、できることが限られているケースもあるでしょう。そのような状況でも、限られたリソースの中で何ができるのか知恵を絞り、価値のあるものを生み出すことが重要です。意外と足元にある、一見無価値なものに大きな価値が隠されていることもあります。

止まることなくトライし続けることで、チャンスは訪れます。

商品だけでなくブランドをつくる

ものが溢れ、市場が飽和している時代です。良いものであれば売れるというわけではありません。

人々はものづくりの背景にあるストーリーや生産者に興味を持ち、それらのバックグラウンドを商品とともに購入します。そのバックグラウンドをしっかりと積み重ね、ブランドとして育てるには非常に時間がかかります。だからこそ、今すぐにブランドを育て始める必要があります。

デザインを通して、貴社のバックグラウンドを伝え、一貫したイメージを確立することを支援します。

ブランドを育てることで、熱心なファンを獲得し、長期的な成長を実現すことができます。

受賞歴等

子供遊具ブランド「つちのこ」のちびテーブル&スーツルがフィラデルフィア美術館に展示およびパーマネントコレクションに選定

  • KIDS DESIGN AWARD 2013 キッズデザイン賞
  • コクヨデザインアワード 2016 優秀賞
  • TOKYO Midotown Award 2019 グランプリ
  • GOOD DESIGN AWARD
  • reddot Award

など